買ったもの

【レビュー】Surface アーク マウス (バーガンディ)買った。世界変わるねこれ。

投稿日:

10年近く愛用していたマウスがとうとう壊れました。
ありがとう IntelliMouse Explorer3.0…。
さようなら IntelliMouse Explorer3.0… 。
左クリックがチャタリングするようになり、アイコンをシングルクリックで選択したつもりがダブルクリックの挙動になってしまったり。
ドラッグ操作が意図せずキャンセルされてしまったり。

悲しいことに、愛するIE3.0はもう殆ど流通していないみたい。
あるにはあるものの、プレミア?なのか軽く1万円超え。まじか。

そんなわけで、新規開拓マウス探しを始めてみました。
PCの用途は一人ひとり違うので 「【20XX年版】おすすめ最強マウス◯◯選!」とかいう諸々のサイトは読み飛ばしました。
実際にぼくと似たような用途でPCを使っている人がどんなマウスを使っているのか、願わくば過去にIE3.0を使っていた人が今どんなマウスに乗り換えたのかを頑張って情報収集した結果、なんかもうどうでもいいかなあマウスなら…と投げやりになってしまうほどに決め手に欠けました。
ので、考えることを放棄してIE3.0がMicrosoft製ならばとりあえず 同様にMicrosoft製のSurface Arc Mouseで良いかなーもう、となりました。
ぺこぺこ変形して男心をくすぐるし。

尚、つい数日前にIE3.0の正当後継ともいうべき「Microsoft Pro IntelliMouse」が発売されたのを知らなかったのは内緒です…。

用途

・Webライティング&プログラミング
・FMラジオ用音源収録、編集&簡単な動画編集。
・Minecraft(マインクラフト)
・動画見る(マウス関係ない)

だいたいこのへん。
至って普通の用途。音声、動画編集といっても納期に追われるような激しさはない環境なので特別なハイスペックは求めません。
ボタン数もそんなにいらない、側面親指側に2個くらいあったらあったで嬉しいくらい。
Surface Arc Mouse には側面ボタンないけど。ホイールもないけど。

買った

箱を開けると美味しそうなマウスが。
右クリックと左クリックが別れておらず、ホイールもないのが特徴です。

オモテとウラはこんな感じ。
最初から電池が入っています。

Bluetooth接続するための簡易マニュアルなんかが入っています。

ぺこっと折り曲げると電源が入り、
ランプが点灯しBluetoothペアリングが始まります。
一度設定済みなら自動で接続されます。

実は一時期これの2世代(か3世代)前のモデルを使っていたことがあります。
これ↓

これと比較して、どれだけ進化したのか(主に使い勝手について)、ちょっとうれしかったところとちょっと残念だったところを思うがままに書きます。
※個人の感想です。

メリット

※ちょっとうれしかったところ※
旧Arc Mouse(以下旧作)は左右クリックボタンを上手に操作できるようになるまでちょっとコツを掴む必要がありました。浅い位置だと押下されません。
これが本製品では改善されています。
また、旧作ホイールスクロール時に「コココココ」っていう音とちょっとしたフィードバックがありましたが、本製品ではフィードバックがありません。
そして、ホイール部分もなくなっていて、タッチ可能部分をスマホのタッチスクロールの容量ですいすい出来るようになっています。これ好き。
Bluetooth接続なのでUSBポートを専有しません。ありがたい。
トラッキング性能も体感上良くなっている気がします。

IE3.0と比べて、より直感的な操作が出来るような気がします。
横にスライドさせると横スクロールできたり、地味に便利です。
ワイヤレスなので、ケーブルのやりくりを考えなくても良いというのも地味にありがたいです。

デメリット

※ちょっと残念だったところ※
ホイールクリック動作が、3本指クリックになってます。慣れが必要です。
(旧作ではホイール部分の真ん中の凹んだところを2回タッチでした…これも慣れが必要でしたが)
IE3.0では半年に1回位活用していたサイドボタンでしたが、それに代替できそうな機能がありません。
半年に1回位は困りそうかな。

まとめ

かっこいいからみんな使ったほうが良いよ。

その他ぼくが買ったもののレビュー記事はこちら

-買ったもの
-, , , , ,

Copyright© スアゲウマイ , 2019 All Rights Reserved.